「プレゼント」という概念

この記事はプレゼント全般の概要です

何故にプレゼントという習慣があるのか

贈り物の1つとしての考え方という意義

今回の記事での、メインのテーマはプレゼントになっていますが、しかし、その明確な概念・意義・定義などといったものは、どうも確定的かつ具体的なものが無い、抽象的な意味合いが強いところがあります。あまり多くの方が、はっきりとした確定的な言い方、説明・解説などをやっていないといった現状も見られますので、そうした点で、明確な表現がしにくいといったあり方もあるように考えられます。ただ、基本的にプレゼントというもの自体はやはり、贈り物の1つの分野・ジャンルにあたるものでもありますので、その点だけは疑いが無いようなところがあります。しかしそれでも、様々な贈り物を行う場面といったものも存在しますので、そうした事情から、中々難しい表現などの難しさといったものは否めません。

日常的な分かりやすいケースについて

私達の日常と関わりのある、プレゼントのケースとしてはやはり、あの「バレンタイン」が挙げられます。これなどは元々、最初は古代の北アフリカ地方から南ヨーロッパにかけての、地中海南部沿岸地域であった贈り物の慣習が、そのうち各種古代宗教・キリスト教・ミトラ教・ゾロアスター教その他の宗教に採り入れられて、世界各地へと広がり、そのうちに宗教性なども無くなり、贈り物の形の一形態へとなり、現在までに至るといった歴史的経緯になります。今話したように、このバレンタインなどのケースにも見られたりするように、中には人類のこれまでの歴史とは不可欠なものなども存在していますので、歴史にご関心とかがある方にとっては、大変興味がある分野とも言える面もあります。いわゆるチョコレートなどを女子(あるいは大人の女性)の方が、男子(大人の男性)の方へあげたりする事でも有名なバレンタインですが、中々これも、抽象的なところが意義的にもあります。

今回の記事での記述から言える事

やはり、今まで記述をしてきた今回の記事での内容からしてみると、バレンタインでのケースやホワイトデー、クリスマス、その他様々な贈り物といったような面を考えてみた場合、決して、たった1つ、2つの概念などの形としては、定義が出来ないような実態があるところは間違いありません。物理的にもそうした試みは無理ですので、中々難しい概念の定義の立て方が難しいといった課題などもある面も存在します。それでも、多くの世の中の人々との関わりが日常生活面でもあるところがありますので、その点は確かなところがあります。贈り物の一分野・一ジャンルとも言えるところがあるプレゼントですが、これからも様々な、新たな形のものが生まれてくる可能性は、大いに考えられます。

人気記事ランキング